車庫証明TOP故障発見・応急処置クラッチ編>クラッチ操作時に異音がする。


クラッチ編

 

症状

クラッチ操作時に異音がする。
 
原因

クラッチペダルのリンク関係の潤滑不良。
リレーズベアリング、パイロットベアリングの不良。
が考えられます。音はアイドリング時に鳴ったり鳴らなかったり、エンジンを切っているときにも鳴ったりします。
 
対処

潤滑不良:
クラッチペダルの調整を行うアジャストナット(またはEリング)を外し、リレーズウォークとワイヤーケーブルの接続個所の割りピンを外し、ワイヤーを外します。
ワイヤーとクラッチペダルの接続個所を外した後、ワイヤーをエンジンルーム側から引き抜き、動かしながら潤滑剤を塗布します。

ベアリング不良;
ベアリングを交換しなければ直りません。トランスミッションを外しての作業なのでプロに任せます。
 

クラッチペダルが軽くなったりシフトレバーが入らない。詳細
 クラッチ操作時に異音がする。詳細
 ギアがトップに入らない。詳細


行政書士
戦略法務行政書士事務所 行政書士 笠原 仁
所在地:〒272−0836
千葉県市川市北国分2-6-7-302
電話番号:047-369-6408
FAX:047-369-6414
メールアドレス:car@senryaku.info
戦略法務行政書士事務所

自賠責請求、慰謝料請求の交通事故戦略サポート

後遺障害認定等級・裏・戦略サポート



ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。


無料メールお問合せ→メール件名はそのままで